2005年01月17日

三線サークルに研究部会設立の話

 7時から練習。昇降機の中でふいに女性から声を掛けられる。聴けば見学希望とのこと。
 自分と交換して持って帰っていた三線の持ち主は分かった。72歳のOさんであった。
 永良部百合の花。あがろーざ。十九の春。花。ゆんたしょーら。安里屋ゆんた。めでたい節。遊びションガネー。

 千鳥のI大人から技術向上のため、斉奏の形でなく、一人づつ弾いて批評し合う研究部会を作ってはどうかという提案があっていたので、生葉さんらと協議。具体的な話になるとなかなか参加しやすい時間の設定がむずかしい。どうなるか。
 さぶりんの店があれば金曜の夜等しぇんしぇえ呼んで出来たかもしれないが。さぶりんの店がなくなったことが悔やまれる。

[昼間の出来事]
 業者に催促。某総研は全然ダメ。片手間で請け負っているのがロコツ。
 別件、別の業者に催促したらすぐFAXが来た。距離の近さは何も言わずとも圧力になるのか。
 去り際思い出して数件メールで確認を入れておく。こういう時に電話を面倒がるのが自分のツメの甘いところなのだろうと思う。

[追記]
ネットサーフィンしていたら照間河岸さんのblogを見つけた。
posted by kotoh at 00:00| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Jayさん、コメント&トラックバックありがとうございます。
私の研究のひとつは、大牟田のユンヌンチュでして、その関係で大牟田で三味線教室が開催されています。

炭鉱、三線という、普通は結びつかないものが、意外なところで、また意外な人と結びつくのは楽しいものです。

...といっても、お互い、ハンドルなので、正直、お名前、お顔は失念しております。スミマセンm(__)m
なので個別にメールいただけるとありがたいです。よろしくお願いします。
それでは、しつれいします。
Posted by 照間河岸 at 2005年01月18日 20:31
追伸−ご存知かと思いますが
昨年末、三井港倶楽部が閉鎖されてしまいました。そこで署名運動を展開しています。
炭鉱のまちファンクラブのページから署名できますので、よろしくお願いします。
http://www.omuta-arao.net/

また、最近、私のエッセイが本になりました。
http://www.jca.apc.org/~impact/

それから、知り合いの研究者は、奄美出身です。大牟田の三味線教室に連れて行ったら、喜んでいました。

長くなってしまいましたが、この辺で。
Posted by 照間河岸 at 2005年01月18日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。